• 田中悠美子

わたしの世界観35~両親のトラウマはずし

2017年9月に入りました。

8月なかば、 長期入院から戻った父のアパートでの生活に ハラハラし通しの母が パニック障害に陥り、 救急車を何度も呼ぶ事態となり、 8月末から9月頭にかけて ついに短期入院しました。 そんな時期に重なった 大石先生の遠隔11回目は、 アナハタチャクラ後ろ(心臓)に 不安・怒りなど父親のトラウマ。 そこから頸椎1番→右側頭部、頭頂部→左にも波及し、 首にも。 そのせいでストレス反応が 過去に遡って 50個( ゚Д゚)再生し、 みぞおちの筋肉が固くなって、 心臓神経に波及。 時々みぞおちがギューっとして 心臓がドキドキすることが あったのですが、 やはり体幹の捩れだけの 問題ではなかったのです。 胸がキリキリ痛み、、、 だんだん鎮まって緑色の光がみえて 施術終了。 現れた菩薩さんを指で誘導して チャクラに繋げる(゜o゜)という トラウマ除去のマジカル治療は、 いとも平和に行われ、 続いて うつ伏せしようとすると気持ちが悪くなる問題の 治療です。 「身体動かすと頸椎3番がちょっと歪んで エーテル体が少し上後方にズレてるんでしょう。 これ、見逃してましたわ。 ちょっとうつ伏せしてみて」 「はい、、、、 あ、うつ伏せできた! すごい!!!」 「遠隔はあくまで他力なので、 自力でやるべき部分は 残しながら様子をみて 施術してます。 他力ばかりやっていると 自力の宿題が残って 借金が溜まってしまうからね」 「まだ自力努力が不足してます〜(>_<)」 「もし自力のやり方が多少間違っていても、 努力さえしてれば 守護霊さんが わかってくれるからね〜」 ------------------------------------------------------- 施術の翌日に母は退院。 気持ちに少し余裕が出てきていたので、 長年支払いを肩代わりしていた母の入院保険の 請求をせねば!と思い立ち、 保険会社に電話したり、手続きの書類を書いたり、 そんな作業ができるようになっていました。 それまでは集中した作業ができないため、 自宅では本も読めず、パソコンに向かうこともできず、 かたづけ作業もできず、 ただただ座ってラジオを聞くか、 スマホでブログを書くくらいしかできなかったのですが、 だいぶんがんばれるようになっていました。 -------------------------------------------------------- つづく12回目は ⚫︎心臓→心臓神経→胸椎5番→頚椎1番→頭の血液循環 ⚫︎心包に母親のトラウマ2つ→脳神経・脳脊髄液に影響 という治療シュミレーション。 前の週の ハートチャクラ後ろ、 父に関するトラウマに続き、 今度は母親に関するトラウマが 心臓を包み保護している 見えない臓器「心包」に、、、 父母の身にことさら波風が立っているタイミングで 2人のトラウマはずしが 続きます。 「心臓を包む膜のようなものが見えて、 そこに母親のトラウマが2つ。 母親の様子を電話で聞くだけで胸騒ぎがしたり、 頭がぐるぐるしますやろ。 胸騒ぎが脳神経から脳幹、大脳に伝わり、 脳脊髄液や目に影響してます。」 「心臓神経から胸椎5番、頚椎1番まで つながるのですね」 「脊髄から情報が 延髄、視床下部、自律神経に伝わり、 頭部血液循環に影響します」 「しかしまさか心臓までくるとは、、」 「これまでは肝臓が とばっちりを受けてましたが、 とうとう核心の心臓に来ました。」 「先週 父親のトラウマを取って頂いたことで、 父と電話するのは大丈夫になりましたが、 母にはこわくてまだ電話できません」 「電話で声を聞いても気にならなくなる。 そのうち会いに行くのも大丈夫になる。 それがゴール。 父親の場合と同じです」 トラウマはずしの施術は 気持ちよく寝ている間に いとも平和に行われました。 それにしても、 身体の問題と心の問題と 複雑に折り重なって堆積している 一層一層を 一枚ずつ剥がしていくのだから、 見事というしかありません!!! 先生は遠隔のつど、 守護霊さんから見せてもらった箇所を 治療ポイントとして捉えているだけ、 とおっしゃるのですが、、、 エーテル体やチャクラがズレやすいので、 もっと心臓に身体の情報を 聞いてあげて、 丹田に意識を持って行って 身体と心の調和をはかるように、、、 というご指示もいただきました。 「どうしても 頭でっかちになってしまって、、、」 「頭ばかり使うと 目や前頭葉を使ってしまうので、 頭を空っぽにして身体全体を使わんと。 足に聞いてみて、足で理解して 自分でバランス取ってください。 足は心臓と深く関わってますし」 「足はもとより 心臓さんのこと、 あまりに意識しなさ過ぎでした、、」 「もっと心臓さんに語りかけて、 グラウンディングで地球と繋がって、 お腹と足で考えて〜! 宇宙系セミナー行くなら、ますます足を意識すること! 最後はともかく自力ですから」 ---------------------------------------------------- 13回目は自律神経。 前回の治療2時間後、 布団に横になった途端に キター!(@_@)! めまい3回転!! あわてて先生に電話したところ、 次の治療ポイント 自律神経失調症から来る 三半規管の不具合が 早々と現れたとのこと。 めまいは その後すっかり影を潜めましたが、 恒例の( ;∀;)プチ船酔い的フラつきが、、 いただいたメールには 「血管由来と自律神経失調症のコラボで 三半規管に影響が出ているようです。 右7:左3の割合です。 めまい(船酔い)はそのせいです。 その後、胸椎5番(心臓)、胸椎7番(肝臓)で 全体調整します。 現在 他力0<自力10 自力要素は 行間、労営、百会のツボ押しをしてください。 首は冷やす。目は温める。 今の状態ですと22日治療が妥当です。 自力要素も忘れずに」 という事細かなご指示が。 めまいが再発したので、 1日も早く治療して頂きたかったのですが、 やはり自力要素を持ち上げないと 他力の治療効果が上がらないようです。 セルフヒーリングで3日間をやり過ごし、 待ちに待った遠隔の日! もともと頭頸部の血管蛇行などで 頭部の血液循環に問題があった上に、 自律神経を調整する 視床下部、脳下垂体の機能低下で 交感神経が優位になり過ぎ、 さらなる頭部血流の悪化、眼の不具合、 三半規管の不具合が起こり、 めまい、船酔いにつながっているそうです。 以前、 左耳の不具合は治して頂いていましたが、、 右耳の不具合も残っていたのですね。 眠りに落ちる気持ちのよい施術が終わり(-。-)y-゜゜゜、、、 「胸椎5番心臓、7番肝臓の治療というのは どういうことだったのでしょうか?」 「自律神経にも関わってる頚椎1番が 胸椎につながっていて、 不具合を各胸椎の関連臓器に飛ばして 症状をひとところに溜め込まないように 助け合いしているわけですわ」 ああ人体の不思議かな (;・∀・)!!! ------------------------------------------------- トラウマはずしのおかげか、 父とは少しずつ電話で話ができるように なっていたのですが、 母の退院後、 父母2人とも体調が今一つの状態が 続いていました。 とくに父は体力低下がなかなか元に戻らず、 家人や福岡の叔母、 施設のスタッフさんのヘルプを頼みに、 私は毎日スタッフさんと連絡を取ったり、 栄養調整食品などを宅配で送るなど、 直接アパートに見舞いに行けないまま 遠隔サポートが続いていました。 そして、、 食欲がわかず体調が持ち上がらない父が ついに再入院となってしまった翌日に迎えた 9月最終週14回目の遠隔シュミレーションは、、、 「①心包にトラウマ5つ(母親)  →胸椎5番→視床下部→下垂体  →甲状腺ホルモン→甲状腺  →頸部リンパ(リンパ節の腫れ)  同じく  →副腎皮質ホルモン→副腎→肝臓に影響   (肝臓由来の症状)  自律神経が  甲状腺ホルモンと副腎ホルモンに影響しています。  ②後頭骨ー蝶形骨の歪み(自律神経とホルモンに影響)  ③骨盤   (仙骨と腸骨の歪み)→特に気の上昇に関与(右上後方)」 またもや母親のトラウマ しかも先週の2つに加えてさらに5つ ( ;∀;)、、、 取っても取っても出てくる心包トラウマや 頭蓋骨の歪みが ホルモン、自律神経に影響し、 骨盤の歪みが気の上昇を助長していたとのこと。 どうりで フラつきが少し改善したと思うと すぐに再発してしまうわけです、、、 ずっと気になっていた首のリンパ節の腫れも ようやく治療ポイントとして浮上してきました。 こちらは甲状腺ホルモンが 頸椎3番4番を経由して関与。 肝臓周辺がまたもや痛み、 口が苦くなっていたのは 副腎皮質ホルモンの影響。 「心包のトラウマ5つに加え、 過去のストレス記憶が20個ありましたわ。 それらが頭に来て 自律神経からみぞおちが張るなどの 身体の苦痛として出てきてます」 昔被ったストレスが 現在のストレス症状と同期して 20個も呼び覚まされたのです( ;∀;)!!! 恐るべし!! トラウマ&ストレス軍団!!! 気持ちよい施術が終わり、、、 「今回のトラさん(トラウマ)除去では 菩薩系のエネルギーが 田中さんの身体全体を包んで 合体してました!」 「うわー!なんとありがたい!!」 菩薩さんの光が私の身体全体を 包んでくれて「合体」とは!!! 思わず鳥肌が立つ。 施術のあいだ、 異様に心地よくほっこりしたものなあ、、 母なる愛に包まれるとはこういうことなのか! (*ノωノ)!!! じつは、、 前々日 ライトワーカーのタカテルさんに受けた 個人セッションで、 私の人生に最も欠けていた「母性」を呼び覚まし、 人を癒すことが私のミッションだ、 と言われていたのです。 そうなれた時に、 母親との関係は修復できるはずだ、と。。。 思わず涙がこぼれました、、、

つづく