わたしの世界観19~3.11以降は、、、

3.11以降

下痢が続く、

新幹線の長距離移動がつらい、

夏は熱中症になりやすい、

インフルエンザにかかると一か月ほど治らない、

などの体調不良が

目立つようになりましたが、

 

 

 

それでもまだまだ

元気にあちこち飛び回っていました。

 

 

 

2012年からの印象深い活動は、、、

 

 

 

1月から

サックスの坂田明さんと、

はにわオールスターズ」以来の

ご縁が復活!!

 

平家物語』などで

あちこち連れて行って頂くようになりました。

 

 

 

3月には

国際交流基金主催の

『東北民俗芸能と

鬼太鼓座&Musicians米仏中巡回公演

~震災を乗り越えて』

にて、

湧水神楽、黒森神楽、臼澤鹿踊り、

鬼太鼓座梅津和時さん、

おおたか静流さんほかと

ニューヨーク(なんと国連総会議場!)、ロサンゼルス、

パリ、北京、上海、重慶、 

広州、香港をめぐり、

 

 

帰国後、

NHKホールで行われた

『NHKバレエの饗宴 2012』で上演された

東京バレエ団の「ザ・カブキ

(振付:モーリス・ベジャール 音楽:黛 敏郎)

で、

たった16小節(;^ω^)演奏される義太夫三味線のフレーズを

東京フィルハーモニー交響楽団と共演!!

 


 

4月は

Dogugaeshi”ワシントン公演。

 

 

 

 

2013年は

9月から11月にかけて

”Dogugaeshi” ニューヨーク、ロサンジェルス、

バークレー公演

サンディエゴの海岸で

バジル・ツイストの新作”Seafoam Sleepwalk”初演。

 

 

 

その合間をぬって、

ニューヨークのHERE Arts Center

2010年東京で発表した舞台作品”KIYO”の

ダイジェスト版上演、

 

 

サックス・尺八のネッド・ローゼンバーグ

中国琵琶のミン・シャオファン

山田流三弦・箏曲の木村伶香能ちゃん、

金子純恵ちゃんたちと

ライブ。

 

 

 

 

11月にはニューヨークで七尾旅人さんと

ふたたびご縁がつながりました

 

 

 

12月には

ななんと!

大学時代からお世話になっていた

小島美子先生にお声をかけていただいて、

Eテレの

スコラ 坂本龍一 音楽の学校』シーズン4~日本の伝統音楽

に出演

 

 

 

commmons: schola vol.14 Ryuichi Sakamoto Selections:

Traditional Music in Japan 

 

 

 

2014年は

1月から

ハイナー・ゲッベルス

Hashirigaki”が初演された

ローザンヌのシアター・ヴィディで

”Dogugaeshi”公演。

 

 

2月は

日本独自の音楽文化を世界に発信する

MultipleTap”ロンドン公演で

ノイズやエクスペリメンタルミュージシャンに混じって

演奏し、

そのままベルリンに足を伸ばして

内橋和久さんオーガナイズの

ライブに参加。

ハイナーさんが聴きにきてくれました

\(^o^)/

 

 

 

 

4月は台湾の学生オーケストラと

中国琵琶&三味線のダブルコンチェルト初演。

 

 

 

ラジオ番組に出演したご縁で

6月、8月と

立川志の輔 独演会に

ゲスト出演

    ↓

 

 

 

7月は、

すみだ川アートプロジェクト関係の方々とのご縁で、

坂田明大将とご一緒に

大友良英スペシャルビッグバンドの

アンサンブルズ・パレード/すみだ川音楽解放区

「盆踊り」に参加。

 

 

そのまま

調子に乗り(^_^;)、

フジロックフェスティバルの

大友良英スペシャルビッグバンド・

フェスティバルFUKUSHIMA!オールスターズ大盆踊り大会

 

にスペシャルゲストの一員として押しかけ(^_^;)参加!!

 

 

数千人の

お客さんが踊り興じる渦を眺めながら、

盆踊りのリズムに乗った義太夫節の弾き語りを

ぶちかましたので

ありました(*^^)v

 

 

勢いは止まらず、

10月には

日本舞踊の会のお仕事で

長年ご無沙汰していた

竹本駒之助師匠とご縁が復活!!

 

 

 

11月には

”Dogugaeshi”以来ずっとお世話になっている

ジャパン・ソサエティーの

塩谷陽子さんにお招きいただき、

若手舞踊家花柳源九郎さんの舞踊付きで

15年ぶりに師匠の三味線を弾かせていただくことに!!

 

 

衣笠貞之助監督の

前衛サイレント映画『十字路』 を、

パーカッションのSatoshi Takeishiさんと一緒に

三味線とサンプリングで伴奏するという

スペシャル企画も

設けていただきました。

 

 

 

書いてるだけでもおなか一杯(^_^;)ですが、

2015年もまだまだ、、

 

 

1月は

”Dogugeshi”ロンドン公演、

 

3月は

”Multiple Tap”メキシコ公演、

 

5月は

”Dogugaeshi”メッツ、パリ公演、

 

10月は

”Multiple Tap”ブリュッセル、コペンハーゲン、パリ公演、

 

12月には

近藤達郎さん、清水一登さん、

葛岡みちさん、岡野勇仁くん、

という超個性派キーボーディストたちを語らい、

エレキ大正琴バンド「JETA」を結成し、

自主企画ライブをスタート!!

 

 

 

 

ところが、、、、

 

 

 

3.11以降、

三味線を演奏しては

身体のあちこちが痛くなって

整体でメンテナンスするという

サイクルがすっかり出来上がっていていました(;_;)。。。

 

 

ライブが終わった翌日には、

高田馬場の波動治療院に

駆け込んでいたのです。

 

 

海外公演の場合は、

現地で探した

マッサージやカイロプラクティックへ。

 

 

 

エレキ大正琴は

”Hashirigaki”のころから

使っていましたが、

次第に即興演奏でも使うようになっていた

お気に入りの楽器でした。

 

 

ピアノのように鍵盤があって

三味線のように弦をはじく楽器の在り方が、

これまでの自分の音楽歴に沿うような気がしていたし、

 

 

なんとも物悲しいような

コミカルにも聞こえるレトロな音色にも

惹かれていました。

 

 

 

おばあちゃんたちの「カルチャーセンター音楽」だけに

とどまらせるのは惜しいと感じて

バンドを始めたのですが、

 

 

 

「三味線だけでやっていくのは

もう無理だな、、」

方向修正を

考えていたのも事実でした。

 

 

そして、

ついに運命の2016年が

やってきました。

 

 

 

つづく

Please reload

注目記事

めざせ!日本音楽ナビゲーター

April 11, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ