わたしの世界観18~やりたい放題そして3.11

前回は、

2008年9月付けで大学をやめて

2010年舞台作品発表まで’猪突猛進’(^_^;)するところまで

駆け足でお伝えしましたが、、、

 

 

 

ほかにもさまざまな面白いことがたくさん

起こりました\(^o^)/

 

 

 

 

NYで知り合った笛の「こと」ちゃんとのご縁で、

廃品打楽器の山口ともさんとつながり、

浅草の木馬亭や東洋館で年2回行われる

バイオリン演歌の福岡詩二先生の会に

出演して、

お笑い芸人さんのマネごとをするようになったり、

 

 

 

一人コント・劇作家のオオタスセリさんの舞台に

お誘いいただき、

ものすごく久しぶりに

永六輔さんとご縁が復活したり、、、

 

 

 

ちなみに、

私はお笑いが大好きで、

大学生のころ、

真剣に「よしもと新喜劇に出たい」

と思っていました。

しかし、

吉本興業制作のミュージカルに関わったとき、

プロデューサーさんから

「吉本は過酷です。

間違っても入ろうとか思わないほうがよい」

と釘をさされて

すっかり諦めてしまいました(^_^;)、、、

 

 

とか、

 

 

デーモン閣下の「邦楽維新Collaboration 」で

閣下と黒船バンドと共演したり、

 

 

 

 

仙波清彦さんとのご縁でつながった

ボーカルの三橋美香子ちゃんと

ものすごくひさしぶりに

お笑い系プログレ(;^ω^)バンド

「キッチンドリンカーズ」のライブを復活したり、

 

 

とか、

 

 

「フォルマント兄弟」

三輪眞弘佐近田展康のユニット)による

『NEO都々逸』で

岡野勇仁くんが演奏する

人工音声の都々逸の三味線伴奏をしたり、

 

 

 

 

[この作品は2011年7月、

明和電機VOCALOID(ボカロ・初音ミクの元ネタ)開発者も

出演した

品川よしもとプリンスシアター

「ストレンジ・ボイス〜奇妙な声の実験室」

などでも演奏されました。]

 

 

とか、

 

 

 

コンピューターミュージックの先駆者カール・ストーン

NY在住、中国琵琶のミン・シャオファン

とのトリオで

パリや北京に連れていってもらったり、

 

 

とか、

 

桜井真樹子さんの「こけし浄瑠璃」参加、

マルコス・フェルナンデスさんのドキュメンタリー映画

「空間を奏でる:建築物の為の音楽」参加、

 

とかとかとか、、、、、
 

 

 

そして

研究活動も続行。

 

 

 

 

三味線音楽のすべてのジャンルを網羅した

まるごと三味線の本』を

楽理科の同級生、

野川美穂子さん(地歌・箏曲研究)、

配川美加さん(歌舞伎音楽研究)

と共同編集して

2009年12月上梓したり、

 

 

 

楽理科の山田智恵子先輩にお誘いいただいて

2010年3月から京都市立芸大付属

日本伝統音楽研究センター

共同研究会研究員として、

町田佳聲先生による

三味線音楽の旋律型の研究を掘り下げてみたり

、、、

 

 

 

 

そうこうしているうちに、

2011年3月の「3.11」が。。。

 

 

 

 

いまだかつてない大地の激しい「揺れ」に

生まれて初めて生命の危険を感じ、

日々流される津波の映像、

死者・行方不明者の膨大な数字に、

「人の命ははかない」

という真実に向き合わざるを得ない状況が。

 

 

 

 

今思えば、

この年から体調が次第次第に

不安定になっていきました。

 

 

 

そうそう、

2011年は

ほかにもいろいろありました。

 

 

 

1月には、

ニュージャーマン・シネマの鬼才

ウルリケ・オッティンガー監督の映画

”Under Snow” ロケで

越後湯沢の十日町に赴き、

雪に半分埋もれて凍えながら(^_^;)

瞽女(ごぜ)さんに扮して三味線を演奏。

 

 

監督とは、

1999年オーストリアのグラーツ、

シュタイヤーマルク秋の芸術祭で

日墺合作の演劇に参加した時にご縁ができたのですが、

 

 

そのときご一緒した

文学者の多和田葉子さん、

日本舞踊家の藤間貴雅さんも

同様の被害に巻き込まれました(;^ω^)、、、

 

 

9月には

ベルリン世界文化の家

記念演奏を行い、

プレミア上映オープニングにも出席して

超満員の会場で挨拶するという

晴れがましいお役目を

いただき、

なんだかすっかりセレブになったような気分を

味わいました。

ハイナーさんも見に来てくれて

本当にうれしかった~(*´▽`*)!!

 

 

同9月に、

生まれて初めて

ライブを自主企画!!

即興を行う日本楽器奏者4人

VS

アンダーグラウンドミュージック界のレジェンド

灰野敬二さん

という超レアな企画で

大成功!!

 

 

10月には

久しぶりにご縁が復活した

一楽儀光さんが使っていた

MIDIコントローラーを応用した

新楽器”DORAnome”に触発されて、

Shaminome”を作ってもらって

演奏してみたり、、、

 

 

 

もう!!

やりたい放題すぎやろ~(≧▽≦)!!!!

 

 

 

 

楽理科の同級生で

芸大の教授になっていた

塚原康子さんのお声かけで、

4月から

倉敷の作陽大学に1泊2日泊まり込みで

非常勤講師として教育活動も再開しました

が、、、

 

 

 

遠方への毎週の出張も

徐々に身体への負担となっていきました。

 

 

 

 

 

私の人生、

静かに迷走が始まっていたのです。。。

 

 

 

 

つづく

Please reload

注目記事

めざせ!日本音楽ナビゲーター

April 11, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグで検索