わたしの世界観11~鶴澤悠美から田中悠美子へ

 

古典の場では、

文楽の名人・10世竹澤弥七師のもとに長年通われた

鶴澤重輝師の東京のお稽古場に通い、

「ツレ弾き」がある演目に並ばせていただいて、

駒之助師、重輝師とご一緒に

越路太夫師のお稽古に

連れていっていただいたり、と

たくさんの学びと感動がありました。

 

 

しかし、

古典一筋ではないことで、

楽屋やお稽古場でのお手伝いがおろそかになっていた

私の不誠実で「いいとこどり」な姿勢と、

それをなかば放任していた

師匠への批判がとうとう噴出!!

 

「あんな都合のいい人をのさばらせてはおけない!」

 

あまりの居心地の悪さに

ますます体調が不安定になり、

足もどんどん遠のいていくのでありました。

 

 

 

そんな中、

1993年12月には

田中悠美子の名前で

自作曲や現代音楽の作曲家への委嘱作品による

リサイタルを決行

 

 

師匠のお仕事を

「リサイタルがありますので」と断る

大失態をしでかし、

ついにその後

「音信不通」⇒「お役ごめん」状態になったのでした。

 

 

そりゃそうです(;^ω^)、、

 

 

 

駒之助師には、女流義太夫の三味線弾き

として育てていただき、

文楽の師匠のもとをクビになった時には

「鶴澤悠美」として再出発できるようにと

救っていただいておきながら、

「私は田中悠美子としてやっていきたいです!」的

まったくもって撥当たり極まりない、

後足で砂を蹴るようなことをしまったのですから、、、

 

 

 

 

とはいえ、

リサイタル翌年から

古典以外の演奏の機会はどんどん増えていきました。

 

 

 

「劇団四季」の和ものミュージカルや

吉本興業プロデュースのミュージカルへの参加。

 

 

 

仙波清彦さん関係では

「はにわオールスターズ」

渡辺香津美、坂田明、斎藤ネコ、coba、久米大作などが参加。ゲストボーカルに

  戸川純、デーモン閣下、奥田民生など)や、

三波春夫歌舞伎座リサイタル参加。

 

 

現代音楽では、

56歳で夭逝された山田流三弦・高田和子さんのお誘いで、

あこがれの高橋悠治さんとご縁ができたり、、、

 

 

 

「日本音楽集団」の団員として

アデレードフェスティバル公演や

クルト・マズア指揮ニューヨークフィルハーモニックのコンサートの参加。

 

なかでも

94年に仙波さんのお誘いで

「邦楽部隊」の一員として初参加した

ジョンゾーンのコブラは

衝撃でした(゜o゜)!!!

 

 

ハンドサインを用いたサバイバルゲーム感覚の集団即興音楽ですが、

集まった面々がすごかった(≧▽≦)!!

 

 

 

即興音楽(完全即興演奏)は、

この先私がどんどんはまっていったジャンル

(日本ではまだまだ認知度が低い)

なのですが、

当時いちはやくそのスタイルで演奏していた

ヴォイスパフォーマーの巻上公一氏(コブラのプロンプター)、

ターンテーブル奏者・ギタリスト・作曲家・プロデューサーの

大友良英氏、

ギタリスト、作曲家の内橋和久氏など、

ジャズ、オルタナロック、実験音楽のそうそうたるミュージシャンたちと出会うことができました。

 

 

翌95年には

大友さん率いるジャパノイズバンド

Ground Zero

に参加!!
 

 

 

その後、

ライブハウスでのバンド活動や、

間宮芳生、諸井誠(西潟昭子さんの委嘱曲で)、

高橋悠治といったそうそうたる作曲家とご一緒する

現代音楽エリアの活動を続けるかたわら、

義太夫三味線で

古典をはなれ自分らしい音楽ができないかと

模索していましたが、、、

 

 

 

これがなかなかな難問((+_+))

、、、、

 

 

 

封建社会で起こった不条理な事件を扱った

文楽の作品の中で、

義太夫三味線は、

義理と人情の板挟みになった登場人物の

怒り、悲しみ、苦しみ、葛藤といった

情念を語りだす浄瑠璃(語り)を

伴奏する楽器。

 

 

 

私のほんわかしたキャラクターにあった「音楽」を奏でるには、

その音色はあまりにヘヴィー過ぎました(;^ω^)。

 

 

 

今でも思いだしますが、

恩師・横道萬里雄先生の還暦祝いの会で、

野村萬、観世栄夫、中村富十郎

という豪華メンバーによる

「菅原伝授手習鑑」の「車曳」を

伴奏したときに、

富十郎丈から言われた言葉

「きみは、どうみても義太夫三味線を演奏する人じゃなくて、

草原でのどかに小鳥の声を聞いている子にしかみえないなあ、、、」

(^_^;)

 

 

 

97年5月には

菊地成好氏も参加した

Ground Zeroヨーロッパツアーにも連れていってもらいましたが、

バンドはそのツアーで解散が決定。

 

               Ground Zero

 

 

同年秋、

国立劇場演芸場で駒之助師の三味線を弾かせていただく

機会をいただくも、

それを最後に

女流義太夫の世界から完全にフェードアウトしました。

 

 

 

そんなころ、

思いもかけない

ことが起きました。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

注目記事

めざせ!日本音楽ナビゲーター

April 11, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグで検索