• 田中悠美子(ながえゆみこ)

わたしの世界観1~自己紹介


これから新しい自分に変わるために、

自分史をつづってみたいと思います。

田中悠美子、60歳まであとちょっとの58歳アラカン女子。

音楽家。

花の18歳🌸から義太夫(ぎだゆう)三味線をはじめて、

もう40年も経ちました( ゚∀゚; )タラー!!

義太夫三味線というのは、

日本の伝統芸能「人形浄瑠璃文楽」で、

語りを担当する太夫(たゆう)さんが語る

「義太夫節」の伴奏楽器として演奏される、

普通の三味線より棹が太くて重たいタイプ。

一昨年7月に発症した「頸椎症」から1年半の闘病生活を経て、

今年4月から演奏活動に復帰しました~ヽ(*´∀`)ノ

私の演奏活動はかなりユニークで、

「義太夫節」の古典の演奏ではなく、現代音楽、フュージョン、

フリージャズ、オルタナロック、即興(インプロヴィゼーション)など、特殊なフィールドを主軸としています。

多岐にわたるジャンルのアーティストとの共演、

ダンス、劇音楽への参加、

音楽劇における身体表現(アクト)を含め、

音楽の枠組みをも超えた表現活動を、

国内外で積み重ねた40年間。

さらに、三味線だけでは飽き足らず、エレキ大正琴や、

パッドがピカピカ光る新楽器"shaminome2"も。

そして、頚椎症の療養生活一年半の間に、導かれるように

「サイキックリーディング」と「コーチング」の勉強を

始めたのです。

三味線から「サイキックリーディング」「コーチング」?????

なんでそんなことに~(☆。☆)?!!!

というところを、これからおはなししていこうと思います。

ヾ(@°▽°@)ノ

つづく


10回の閲覧