Blog

やさしきヒーラーの

みなさんに見守られながら、

天才ドクターの施術は

まだまだ続きます。

なにしろ、

ひとつ症状を取り除くと

過去の不具合が

芋づる式に次々と表面に

現れてくるのです。

三味線を演奏して30年以上。

積み重なった問題は

山積みです( ;∀;)。

それらを全部出し切らないと

元のからだに

戻らないというわけです(;_;)。

ということで、、

2017年2月の10回目は

ひばりヶ丘。

頭ふらつきへの

別アプローチ。

からだの中心軸がぶれて

ふらつくのは、

左脳の使い過ぎによる

ドーパミンのアンバランスのせい。

緊張でカチカチに固まって

熱が滞っている頭や首を

もみほぐしま...

ドクターの施術8回目にして

明かされた、

めまい・ふらつき、

からだ中の痛みの

そもそもの

誘因とは、、、

1.

三味線を演奏することで、姿勢が前かがみになり、

首筋の胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)が異様に緊張。

→血管が膨張し、

並走している迷走神経を圧迫。

→迷走神経が支配している

すべての内臓に

痛みや引きつり、

あるいは形状の変化が起こる。

2.

三味線弾き語りで大きな声を発し、

力の限り使われる声帯が充血。

胸鎖乳突筋を刺激して、

頸動脈が猛烈な勢いで拡張。

→胸鎖乳突筋の緊張は、

首から上の顔面を前のめりに傾斜させ、

頭部の後ろにある筋肉が緊張して

頚椎を圧迫...

治療法不明、

完治不能と

見放された

痛みやふらつきなどの

おそろしい症状に

苛まれる毎日。

不安で不安でしかたなくて、

友人の

ヒーラーピアニスト、

歌島さんに

毎日のように

痛みや症状を訴え、

その都度やさしく

爪揉みやツボ押しなどの

アドバイスを

もらう日々。

そんななか、

2016年11月14日

スーパームーンの日には、

杖をついて歩いていた父の

足の腫れがひかず

またもや入院。

アパートに一人取り残された

車椅子の母は、

お世話になっている

小規模多機能施設に

お泊りさせていただくことになりました。

幸い父は

2週間後に退院できましたが、

すべての手続きは、

超多忙の主人が

横浜まで...

Please reload

注目記事

めざせ!日本音楽ナビゲーター

April 11, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグで検索